家具家電だけじゃない!アクアリウム用水槽も借りれます!

重要な立ち上げ方法

水槽の立ち上げ方法について

Aquarium

これから、アクアリウムを始める方は、水槽の立ち上げ方を覚えなければいけません。立ち上げはバクテリアを繁殖させるために非常に重要です。ここで失敗すると最悪の場合、初めからやり直さないといけません。 まずは、水槽を水道水できれいに洗いましょう。洗剤は使わず、水だけで洗います。この時点で、魚を美しく見せるバックスクリーンは最初に貼っておくと楽です。 次に底砂を洗って中に敷いていきます。底砂は少しずつ丁寧に洗いましょう。敷く時は、3センチくらい、水草を入れる場合は5センチくらい敷きます。 そして、流木や石を配置し、ヒーターとフィルターを取り付け水を入れていきます。水を入れるときは、砂が舞い上がらないように、新聞紙などを敷いて少しずつ入れていきましょう。 水を入れたら、1週間くらいフィルターに掛けておきます。最初は白く濁っていますが、徐々に透明になっていきます。1週間たったら水質は安定してくるので魚を入れることができます。

きれいに見せるレイアウト方法

せっかくアクアリウムを始めるなら、水草を入れ美しい水槽にしたいと思う方も多いと思います。そのためには、レイアウトの構図のコツが必要です。 レイアウトでは、水槽の手前から、前景、中景、後景と分かれます。水草を植えるときは、前景に背の低い水草を、後景に背の高い水草を植えることが、基本です。そうすることによって全体に立体感が生まれ、きれいに見せることができます。 最初はどのような構図で植えればいいか分からないと思うので、まずは基本的な構図を覚えると良いでしょう。 基本的な構図に凹型の構図があります。両端に頂点を作り、真ん中の空間を空ける構図です。左右に水草のボリューム感を出し流木の大きさを変えたり、石で水草を囲ってみたりするとより立体感が出せるでしょう。 レイアウトは、アクアリウムの醍醐味でもあります。自慢のアクアリウムを作るためにも、よく練って行いましょう。